船橋店スタッフのお役立ち情報


※お知らせ
〜オートバイとは・・・63〜

駆動装置
エンジンの回転数を適切に減速したり、高速に切り替えるのがトランスミッションの役目でした。
駆動装置は、駆動輪(リヤタイヤ)に動力を伝えてエンジンの急激なトルク変動や
エンジンブレーキ時の衝撃を吸収して滑らかに動力伝達を行うと同時に減速機能も持っています。
トランスミッション内でギヤ比が変更され、駆動装置でも変更されます。
減速機能は最終減速比ともいいます。変速機の最後はリヤタイヤのギヤです。
以下の種類があります。
1 チェーン・・・多くのオートバイに使用されています。動力伝達をチェーンで行い
トランスミッション側のスプロケットと駆動タイヤのスプロケットの歯数比で回転速度が減速される。
2 ベルト・・・チェーンをベルトに置き換えてもの
3 シャフト・・・チェーンをシャフトに置き換えます。回転軸を90度変換するので、ギヤボックスが
設けられている

福澤

2019-03-10 09:32:43 更新

※お知らせ
〜オートバイとは・・・62〜

操作機構はチェンジペダルの操作によって、トランスミッション内の図3シフト・フォークを
移動させ図2ドックをかみ合わせています。
図はリターン式で、チェンジを一方向に操作して、シフトできなくなったら逆方向にに操作します。
踏み込んで1速つま先で2速3・・・ですよね。シフトできなくなったら、4速3、2・・。
では実際に操作すると、どのように作動するのでしょうか。まず図1はシフトペダルと直結
しているので回転します。図1が回転すると図2も回転します。図2には溝が切ってあり
図3シフト・フォークは溝に沿ってスライドします。前回の3種類のギヤは覚えてますか。

1 固定ギヤ・・・シャフトと一体になっているので、シャフトが回転すればギヤも回転します。
2 スライドギヤ・・・固定ギヤ同様と、シャフト上をスライドします。シャフトとギヤに溝があります。
3 シャフト上を空転するので、シャフトが回転しても回転しません。

ピントきましたか?スライドギヤを図3シフト・フォークが動かしているのです。

福澤

2019-02-24 14:33:14 更新

※お知らせ
〜オートバイとは・・・61〜

3種類のギヤで構成されていましたね。もう少し詳細に。
1 固定ギヤ・・・シャフトと一体になっているので、シャフトが回転すればギヤも回転します。
2 スライドギヤ・・・固定ギヤ同様と、シャフト上をスライドします。シャフトとギヤに溝があります。
3 シャフト上を空転するので、シャフトが回転しても回転しません。

図を参照してください。メインシャフトが回転すると固定ギヤは回転します。
また?フリーギヤは回転しません。
?フリーギヤは固定ギヤにかみ合っているので回転しますが、
シャフトに固定されていないので、ドライブシャフトは回転しません。

今度は、スライドギヤが左に移動すると。実はスライドギヤの注目点は突起がある事です。
赤い矢印を見てください。突起が2個あります。?フリーギヤはには穴が開いています。
突起が穴にはまります。ということは・・・。連結します。先ほどは?フリーギヤは回転しましたが
ドライブシャフトは回転しませんでした。スライドギヤはシャフトと一体なので、
ドライブシャフトは回転します。おめでとうございます!

3種類のギヤで構成されていましたね。本当に。シンプル。

福澤

2019-01-26 12:49:55 更新

※お知らせ
〜オートバイとは・・・60〜

トランスミッションの一例を説明します。
エンジンの回転力が伝達されるシャフトをメーンシャフト(入力軸)
変速された駆動力が出力されるシャフトをカウンタ(出力軸)といいます。
メーンシャフトとカウンタシャフトには異なる3種類のギヤで構成されています。

1 固定ギヤ・・・シャフトと一体で回転するギヤ
2 スライドギヤ・・・シャフトと一体で回転すると共に、シャフト上を左右にスライドするギヤ
3 フリーギヤ・・・シャフト上を空転しているギヤ

この組み合わせで回転数が変速されています。
どうのように?次回

福澤

2019-01-24 10:51:30 更新

※お知らせ
〜オートバイとは・・・59〜

カタログ値を見てみましょう。これは、CBR250RRです。
変速比 1速 3.272 と記載されています。
これは、トランスミッションが1回転するとエンジン出力軸は3.272回転している
という意味です。6速では1.068回転しています。
つまり、エンジンの回転数は減速してトルクを増加させていることがわかると思います。
あと、減速比 1次2次はなんでしょう。
実は、エンジンの回転数はトランスミッションで回転数を変化させていますが、
ここ以外でも行われています。エンジンから、トランスミッションから1次で減速、
2次(スプロケット)減速されてリヤタイヤが回転します。1速で計算してみましょう。
3.272×2.781×2.928=26.6・・・・
CBR250RRは1速の時26.6回
リヤタイヤを1回転するには、26.6回転必要です。
すごいですね。様々なオートバイと比較してみてください。
エンジン回転の特性がわかりますよ。

福澤
2019-01-14 10:54:39 更新

 
/78 

お申し込み、お問い合わせは
047-424-0220
Info_Funabashi@honda-dream.com
TOPへ戻る
(C) Honda DREAM KANTOU Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.